• -

[下町散策]上野は美術の粋を集めた文化の町


 
東京スカイツリーが下町の新しいシンボルなら、古くからの下町を代表するシンボルが上野動物園。子ども連れでスカイツリーを訪ねたときには、ぜひ寄り道したいスポットです。

 

正式には「恩賜上野動物園」というここは、何といってもジャイアントパンダが魅力の動物園。オスのリーリー(力力)、メスのシンシン(真真)の愛らしい顔は、子どもたちだけでなく、大人も思わず笑顔に。ゾウやライオンなど多数いる動物たちを次々に見て歩くには、相当の時間が必要。スカイツリー見学とうまく時間を調節して訪れましょう。

 

上野の森の北側にある動物園から南へ下っていくと、目の前には博物館や美術館が次から次へと登場します。不忍池の東に広がるここは、日本を代表する芸術と学術が堪能できる文化の町なのです。

 

たくさんある見どころのうち見逃してはならないのは、まずは日本最古の美術館、(03-5777-8600)。約11万点にのぼる収蔵品の中には、国宝や重要文化財も数多くあります。

 

日本美術が充実した東京国立博物館とは対照的に、西洋美術の粋を集めたのが、(03-5777-8600)。あの有名なロダンの「考える人」もここの前庭で見られます。館内でも、フランス美術がひときわ充実。その量と質は世界のトップクラスといわれます。

 

森を歩き疲れたら、江戸時代の御茶屋をイメージした休憩処、(03-3833-0030)で休憩。不忍池を間近に見ながらのお茶やお酒の味は格別です。ただし、営業は夏期中心の限定期間なので、事前にチェックしておきましょう。

カテゴリー: 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-