• -

[下町散策]アメ横こそ下町の心臓部


 
上野を楽しむ上でよく聞かれる標語があります。「御徒町で降りてアメ横に寄って上野駅へ」というキャッチフレーズです。これをもじれば、東京スカイツリーから浅草に寄り、御徒町からアメ横へ、上野へというのが、今年からの新しい東京下町観光コースになりそうです。

 

ということで、そのアメ横ことアメヤ横丁ですが、およそ400mの通りに約400軒の店が並ぶここができたのは、戦後まもない頃。当時は飴を売る店が200軒以上あり、それが名前のもとになりました。その後、在日米軍の兵士たちが持ちこんだアクセサリーや冷蔵庫などが売られるようになり、別名のアメリカ横丁が誕生。いまはこの2つの名称を合わせて、アメ横の通称で呼ばれるようになりました。

 

アメ横は、いうまでもなくショッピングのためのスポットです。暮れにテレビなどで報道される買い出し風景が示すように食品の店が数多くありますが、それだけではありません。衣類や雑貨、宝飾品の店もたくさんあります。

 

ぜひ訪れたいのは、まずはお菓子の詰め合わせで有名な「」(03-3831-2454)。とにかく、町のスーパーなどではなかなか見られない輸入品も含めて、内外のお菓子が満載です。毎日開かれるチョコレートのたたき売りも必見。

 

トルコを代表する味覚ケパブの専門店「モーゼスさんのケパブ」(03-3837-4774)も、アメ横ならではの個性的なお店。5種類あるソースから口にあう辛さのものを選び、(500円)を路上で頬張りましょう。

 

安さが特徴のアメ横ならではの魅力がたっぷりの化粧品店「シルクロード化粧品パート2」も、見逃してはならない重要スポット。シャネルなどの有名海外ブランドの化粧品が20〜50%オフで買えるのですから、驚異的。まさに女性の味方といっていいお店です。

 

革ジャンや迷彩服のレアアイテムが手に入る「中田商店」(03-3831-5154)など、ユニークな店がこれでもかこれでもかと客を呼び込むアメ横は、下町ショッピングの心臓部です。

カテゴリー: 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-