• -


話題の回転寿司

江戸前寿司が日本全国に広がったのは、実はそんな昔のことではありませんでした。それは、大正時代に起きた関東大震災がきっかけでした。この大地震で被災した寿司店の職人達がやむをえず、自分の故郷などに帰ったり、避難したりして、そこで江戸前寿司が広がった行ったのです。

 

そして現在、江戸前寿司と言う食の分野の中で、一大勢力を築き上げているのが回転寿司です。ここでは、江戸前寿司発祥の下町ならではの回転寿司を紹介しましょう。

 

JR田端駅に近いもり一は、すしダネの量が多いのが自慢で、一皿150円均一。しゃりは江戸前伝統の赤酢を使っているので、喉が乾きにくいのが特徴で、錦糸町にも店舗があります。

 

浅草は雷門の近くにあるまぐろ人浅草本店。その名の通り、マグロが自慢の回転寿司で、本来のマグロの味を楽しめると評判です。そして、ここも酢飯にこだわりが。熟成した酒粕を、さらに発酵させた酒粕酢を使います。この酒粕酢は、香りが深くコクもあり、酸味も柔らかなのが特徴です。

 

上野の扇すしは1貫70円からと言う安さが魅力。店内の黒板には、毎日日本各地から届く新鮮な活魚のおすすめメニューが書かれています。回転寿司には珍しく全てのメニューが1貫から注文できるので、女性にも大人気です。

カテゴリー: ガイドブック, グルメ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-