• -


焼き鳥の名店探訪

庶民のグルメとして人気の焼き鳥。その歴史をたどると江戸時代の初めまで遡ることができますが、明治維新を迎えて、他の獣肉とともに盛んに食べられるようになり、大正から昭和にかけて、居酒屋料理の定番メニューとしての地位を経て、さらには第2次世界大戦後には爆発的に焼き鳥専門店の数が増えて行きました。

 

焼き鳥と言えば一般には鶏の肉や内臓を串に刺して焼いたものですが、お店によっては、鶏以外に鴨や合鴨、さらにはししとうやねぎなどの野菜み串に刺して焼いたものを提供するところが多いようです。

 

日本橋人形町の丈参は、おたふく(胸線)、きんちゃく(ホルモン)など様々な内臓を揃える焼き鳥専門店。希少な部位を塩・タレ・ニンニク醤油・バルサミコ酢など、部位の味わいを活かした調味料で楽しむことができます。

 

亀戸にある串焼 鶏SUKEは、鶏の目利きに優れた職人の技で、ほどよい柔らかさと脂の旨みいっぱいの、あかね鶏をまるごと楽しめるお店。表面はカリッ、中はジューシーな焼き鳥を、鶏本来の旨みが味わえるよう、能登・珠洲の塩が添えられます。

 

孫六は、門前仲町に2店舗を構える焼き鳥専門店。ここは、通常の焼き鳥はもちろんのこと、冬場には小鴨・真鴨・山鳩・鶉などのジビエも充実。じっくりと熟成させた野鳥を炭火で焼き上げる野趣溢れる料理が楽しめます。

カテゴリー: ガイドブック, グルメ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-