• -

森下・清澄周辺歴史散歩

両国と深川のちょうど中間にあるのが森下・清澄エリアです。隅田川とそこに合流する小名木川が流れ、いまも水辺の下町的な情緒を感じさせてくれます。森下駅から隅田川方面へ歩くと芭蕉記念館があります。

 

ここは、俳聖・松尾芭蕉が庵を結んだゆかりの地で、芭蕉はこの庵を拠点として、多くの名句や『おくのほそ道』などの紀行文を残しました。また、隅田川の遊歩道沿いに芭蕉記念館の分館である芭蕉庵史跡展望庭園があり、展望庭園からは四季折々の水辺の風景が楽しめます。庭内には、芭蕉像や芭蕉庵のレリーフがあり、芭蕉が生きた往時を偲ぶこともできます。

 

さて、隅田川からの心地よい川風を感じながら清澄白河駅を過ぎると清澄庭園があります。江戸時代、ここは下総国関宿藩主久世家の下屋敷でしたが、後に三菱財閥の岩崎家へ渡り、さらに都へ寄贈され整備の上、近世庭園史上貴重な回遊式築山泉水庭園として完成されました。全国各地から収集した豊富な奇岩名石、広大な池水を囲んだ大小の島々の配置や涼亭と池のみぎわの美しさで、都内屈指の名園として知られています。

 

54年には、都の名勝第1号に指定され、また、新東京百景のひとつにも選ばれています。清澄庭園の東側には深川江戸資料館があります。館内には、江戸時代の深川の町並みや庶民の生活ぶりが再現されており、150年前の下町の世界へ誘ってくれます。

カテゴリー: 下町散策   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-