• -


柴又周辺歴史散策

渥美清が扮するフ―テンの寅こと車寅次郎が引き起こす人情喜劇、映画・男はつらいよの舞台として余りに有名な葛飾柴又。柴又帝釈天(題経寺)を中心に下町情緒に溢れる参道や名所、史跡が点在します。

 

柴又帝釈天は、今から300年前の寛永年間に開創されたと伝わる日蓮宗のお寺で、千葉県中山法華経寺の末寺です。境内には、総欅造りの二天門や大鐘楼、瑞龍の松、奥に、桧造りの大客殿と名庭・邃渓園などがあり、見どころの多いお寺です。

 

また、帝釈堂は、天井に龍の画があり、奥に毘沙門天像や板本尊が収められ、外周面をぐるりと法華経説話を表す木彫群に囲まれていて、彫刻の寺としても有名です。柴又帝釈天は、江戸時代から多くの参拝客が訪れるお寺で、今も地元の人はもとより、日本各地から参詣者や観光客など訪れ、いつも人が途絶えません。寅さんが産湯をつかったという御神水もあり、今日も勢いよく湧き続けています。

 

柴又帝釈天の近くには大正時代に建てられた個人宅を葛飾区が管理保存し、公開する山本亭があります。ここは庭園が素晴らしく、アメリカの雑誌では日本庭園ベスト3に選ばれています。

 

また、映画・男はつらいよで、寅さんの実家・くるまやの実物大セットの展示やオリジナルグッズが求められる葛飾柴又寅さん記念館では、寅さんとの記念写真が撮れるコーナーが人気です。

 

そして、柴又歴史散歩の最後は矢切りの渡し。柴又と対岸の千葉県松戸市を片道5分で結ぶ渡しで、東京では唯一ここだけが残ります。伊藤左千夫の「野菊の墓」にも登場する由緒ある渡し船です。

カテゴリー: ガイドブック, 下町散策, 周辺情報, 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-