• -


東京タワーとスカイツリーの比較


 
東京タワー、昭和33年生まれ(開業)、332.6メートル。かたや東京スカイツリー、平成24年生まれ(開業)・634メートル。
どちらも日本のテレビ番組を支える電波塔です。

 

東京タワーは東京都港区芝公園4丁目にある東京地区の集約電波塔です。地上16階 地下2階。1958年(昭和33年)10月14日竣工、同年12月23日に完工式が開かれました。東京のシンボル・観光名所として知られています。正式名称は、建築主にちなんで日本電波塔(にっぽんでんぱとう)です。
入場料は大展望台が820円、特別展望台 (250m)は追加600円です。

 

「東京タワー」の名称は完成直前に開かれた審査会で決定しました。事前に名称を公募し、最終的には86,269通の応募が寄せられました。一番多かった名称は「昭和塔」で、続いて「日本塔」「平和塔」だったとのこと。他には当時アメリカとソ連が人工衛星の打ち上げ競争をしていたことから「宇宙塔」、皇太子明仁親王(今上天皇)の成婚(1959年)が近いということで「プリンス塔」という応募名称も。しかし名称の査会に参加した徳川夢声が「ピタリと表しているのは『東京タワー』を置いて他にありませんな」と推挙し、その結果10月9日に「東京タワー」に決定した。「東京タワー」での応募は223通(全体の0.26%)であり、抽選で神奈川県の小学校5年生の女生徒に賞金10万円が贈られました。

 

東京スカイツリーは東京都墨田区押上に建設中の電波塔(送信所)です。地上31階、地下3階(オフィス棟)。ツリーに隣接する関連商業施設・オフィスビルの開発も行われており、ツリーを含めたこれらの開発街区を東京スカイツリータウンと称します。
2012年5月22日に開業予定。入場料は第1展望台が2000円、第2展望台は追加1000円です。

 

正式名称決定までの仮称は「新東京タワー」。正式名称は一般公募によって寄せられた1万8,606件の命名案の中から、まずは有識者10人で構成される「新タワー名称検討委員会」によって6つに候補が絞り込まれました。言葉の美しさや親しみやすさなどを基準に「東京スカイツリー」「東京EDOタワー」「ライジングタワー」「みらいタワー」「」「」の6つが名称候補として選ばれ、2008年春にインターネットを通じて一般投票を行い、その結果、最多得票の「東京スカイツリー」に決定しました。

 

高さという点ではスカイツリーが上です。しかし、時代は違えど同じくらい人々の注目を集め・愛されていると言えるのではないでしょうか。

カテゴリー: お役立ち情報   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-