• -

東京スカイツリーを見てから寄席へ行こう

江戸時代から庶民に笑いを提供してきた寄席。

 

落語と言うと、年よりじみた少し渋い趣味という印象もありますが、実は寄席では、落語だけではなく漫才や手品なども行われていて、落語ファンでなくても楽しめます。寄席は江戸時代から続く、下町の笑いの文化を伝承する場、東京スカイツリー見学と合わせてぜひ訪れてみましょう。

 

東京スカイツリーに近い寄席としては、浅草にある浅草演芸ホールと上野の鈴本演芸場の2つがあります。浅草演芸ホールは、昭和39年にオープンした笑いの殿堂で、春風亭小朝や桂歌丸、ナイツなどテレビでもおなじみの演者が出演することもあります。ここの特徴は客席の入れ替えがないことで、昼・夜の2部構成でありながら、終演まで思い切りお笑いを楽しむことができます。

 

また、鈴本演舞場は、幕末の安政時代に開席したという歴史を誇ります。ここはゆったりとお笑いを楽しむことができるように座席の背もたれに小さなテーブルが付いていて、お弁当など飲食を楽しみながらお笑いも楽しめます。

 

とにかく寄席は庶民の笑いの殿堂。チケットなども独演会などの特別興業を除き、全席自由席で当日売りが基本ですので、当日の番組を記したプログラムをもらい、しっかりと演者をチェックしてからチケットを買うこともできます。

カテゴリー: ガイドブック, 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-