• -


文明開化の味・うなぎの名店探訪

今では、すっかり高級食となってしまったうなぎ。日本人がうなぎを食べはじめたのは記録によると奈良時代で、大伴家持がうなぎを食べて夏負けに備えろという詩を詠んでいます。

 

うなぎの料理法と言えば、やはり蒲焼でしょう。蒲焼の名の由来は、江戸時代の中頃まで、うなぎをぶつ切りにして串に刺し、焼いてから味噌を塗り付けて食べるスタイルが主流でした。この姿が植物の蒲の穂に似ていたからだと言われています。そして、江戸時代も後半になると、現在のような醤油が発明され、うなぎを開いて醤油につけて焼く、蒲焼が定着します。江戸の人々は、うなぎの蒲焼を健康食品として盛んに食べるようになり、特に目の前の江戸湾で獲れたうなぎを好んだと言われています。しかし、この時代でもやはりうなぎは超高級食品でした。下町には、江戸時代、あるいは明治から伝統を受け継ぐうなぎ専門店があります。

 

浅草駒形の前川は江戸時代から続くうなぎ専門店。目の前の隅田川を望む個室でゆったりと、伝統のうなぎを楽しめます。御茶ノ水の明神下神田川本店も江戸時代後期から続くうなぎ専門店です。ここでは、まるでタイムスリップしたような雰囲気の中で、日本各地から厳選されたうなぎを賞味できます。

 

本所の天千代は明治32年創業のうなぎのお店。肉厚だが柔らかい蒲焼が身上で、天麩羅なども食べられます。この他、柴又の川甚、、上野池端の伊豆栄、浅草のやっこなども江戸時代から続くうなぎのお店として人気を集めています。

カテゴリー: ガイドブック, グルメ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-