• -


巣鴨周辺歴史散歩

江戸時代は、中山道の宿場町だった巣鴨。約800メートル続く、巣鴨地蔵通り商店街を中心に「おばあちゃんの原宿」として親しまれていますが、若い人にも魅力的なこの通り、おばあちゃんに負けずに楽しんでみましょう。

 

地蔵通りと言う名は、商店街のほぼ中央にある、(高岩寺)に由来します。江戸時代の初めに湯島に創建し、明治に入ってこの地に移されました。ご本尊は延命地蔵菩薩(秘仏)で、別名とげぬき地蔵として、病気治療のご利益が大きいと崇敬を集めています。毎月4の付く日が縁日で、大変な賑わいを見せます。

 

巣鴨庚申塚もまた多くの人々の信仰を集めています。巣鴨庚申塚は江戸時代には、中山道と王子道の交差する場所で、旅人の休憩所として簡単な茶店もあり、人足や馬の世話もしていました。

 

この当時の賑やかな様子は、江戸名所図会や広重の浮世絵にも描かれています。現在は庚申堂に猿田彦大神を合祀しています。猿田彦大神とは日本神話に登場する神様で、天孫降臨の際に道案内をしたということから、道の神、旅人の神とされるようになり道祖神と同一視されました。

カテゴリー: ガイドブック, 下町散策, 周辺情報, 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-