• -

・アメ横周辺歴史散歩

上野駅の広小路口出口を出てガード沿いに中央道りを渡ると、目の前に突然、雑多ではあるがどこか懐かしい風景が広がります。そこが「」ことアメヤ横町です。JRの高架の両脇に、乾物、日用雑貨、お菓子、食料品、生魚店、ゴルフ用品など様々な種類のお店が所狭しと並んでいて、通りは上野駅のお隣の御徒町駅まで続きます。

 

アメ横の歴史は、戦後すぐに闇市ができ、 その後、戦地からの復員者達で作った団体が国鉄のガード下を借り受け、 物資を希望者に貸し出したことにはじまります。また、「アメ横」の名の由来は、錦糸町でサツマイモの澱粉で飴を作っていた業者がお店を出すと、砂糖がなく甘いものが求められていたためにその飴が飛ぶ様に売れ、その後、いろいろな種類の飴を売る店が100軒ほども集まったために「アメ屋横丁」と呼ばれるようになったことと、朝鮮戦争の頃から、アメリカ兵達が小遣い稼ぎに様々な物資を持ち込んで、アメリカ軍の物資が大量に出回ったために「アメリカ横町」と呼ばれるようになったことが混ざって「アメ横」になったという説が有力です。

 

アメ横は歩くだけで戦後の日本の歴史を体感できるストリートなのです。

カテゴリー: ガイドブック, 下町散策, 周辺情報, 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-