• -

スカイツリーは地震でも大丈夫?


 
地震大国、日本。その恐ろしさは、東日本大震災を例にするまでもありません。東京スカイツリーについても、海外メディアからの取材では、必ずといっていいほど「日本でこんなに高いタワーを建てて大丈夫?」という質問が出ます。

 

でも、心配はご無用。電波塔である東京スカイツリーは、万が一の災害時にも放送を途絶えさせないため、徹底した地震対策がほどこされています。

 

地震による倒壊から建物を守る方法には、1.建物をより頑丈にする「耐震構造」、2.地震の力が建物に伝わらないようにする「免震構造」、3.地震による揺れを小さくする「制振構造」の3つがあります。このうち、東京スカイツリーでは制振構造が用いられています。制振構造にもいくつかの異なった方法がありますが、採用されたのは「質量付加機構」。単純化していえば、「おもりをつけてバランスをとる」方法です。

 

東京スカイツリーは、全体が細長く、上にいくにつれて細くなる形をしています。タワー全体に効果のある大きな「おもり」を頂部につけることはできませんので、中央の非常階段が「おもり」のはたらきをするように設計されています。それだけでは直下型地震の場合に不安がありますので、もうひとつ、てっぺんに「おもり」を置いた従来の制振システムも併用しています。タワーの最頂部におもりを取り付け、アンテナのあるゲイン塔の揺れを抑える工夫です。

 

過去の巨大災害の経験が、東京スカイツリーの設計には活かされています。

 

カテゴリー: スカイツリーを100倍楽しむ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-