• -

スカイツリーの重さは?

東京スカイツリーの高さは634m。自立式電波塔として、世界一の高さを誇っています。……と、高さは何かと話題になりますが、重さは一体どうなのでしょうか?

 

調べて見たところ、基礎の部分だけで鉄骨が29 トンも使われているそうです。また、アンテナが取り付けられる「」の上には制振装置が取り付けられ、それだけで総重量100 トンもあるんだとか。この制振装置はどんな地震にも倒壊しなかった五重塔の設計を参考にしてあるのだとか。3.11 の時にも工事中であったのにもかかわらず、被害を出さずに済みました。

 

基礎よりも上の部分に使われている鉄骨もなんと4 トンもあるのだとか。東京タワーの約2倍の高さで、重さは10 倍もあるそうです。ずっしりと安全第一で建てられているのがよくわかります。というのも、東京スカイツリーには災害時には防災拠点としての役割も担う必要があるからです。災害時に周囲の状況が確認できる高所カメラが設置されているほか、「防災備蓄倉庫」、「防災無線室」など様々な役割を与えられています。

 

東京スカイツリーの重さは、周囲の安全も支えているようです

カテゴリー: お役立ち情報   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-