• -


そばの老舗探訪

そばと言えば江戸の食べ物と思われますが、実は平安時代に京都の宮中や貴族の間でお菓子として食べられ、室町時代頃から今のようなそばとして食されるようになりました。しかし、そば粉はまだ高級品として庶民の口に入る食べ物ではありませんでした。

 

安土桃山時代になると豊臣秀吉が大阪に大阪城を築きます。その時に、築城のための資材置き場であった砂場で、労働者達にそばを提供したのが砂場と言われています。砂場は、後に江戸に進出、更科、藪とならんで三大江戸そばと称されます。

 

下町で、江戸時代から現在まで続いている砂場として、南千住の砂場総本家があり、レトロ感満点の建物は荒川区の文化財に指定されています。神田の室町砂場は白い御前そばの名店として知られています。

 

更科は港区麻布の永坂更科布屋太兵衛と堀井更科が老舗として知られますが、下町というには少し場所が外れてしまいます。

 

しかし、藪に関しては下町に多くの名店があります。神田のかんだやぶそばや、日本橋浜町の浜町藪そば、上野の池の端藪蕎麦、浅草の並木藪蕎麦などが江戸のきっぷとそばの味を伝えています。

 

また、三大そばではありませんが、神田のまつやも江戸時代から続くそば屋として今も多くのファンに愛されています。

カテゴリー: ガイドブック, グルメ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-