• -

あの王選手の実家から生まれた店五十番


 
押上駅前の交差点から京成押上駅へ向かう坂の途中に、かつて「五十番」という中国料理店がありました。生涯868本のホームラン記録を打ち立て、のち読売ジャイアンツやソフトバンクホークスの監督をつとめ、今はソフトバンクのフロントで活躍する王貞治さんの実家です。

 

残念ながら王さんの父、王仕福さんが亡くなり、息子2人は医師と野球人になったことでお店は消滅しましたが、ここで調理の修業をして、独立。その方が、今は押上駅前から少し錦糸町方向に進んだところにある業平4丁目商店街で同じ店名で中国料理を提供しているのが、「五十番」(03-3622-1962)です。このところの東京スカイツリーブームでテレビの取材などでもよく取り上げられていますから、見たことがあるという方は多いでしょう。

 

スカイツリーを訪れたらぜひ立ち寄っていただきたいお店ですが、その理由は有名人とかかわりのある店だからではありません。ここが「典型的なかつての下町の食堂」だからです。

 

庶民的なメニューの中国料理店、というよりもメニューはラーメン屋によくあるものばかりですが、醤油ベースの味のラーメンやワンタン麺は、現在もてはやされているような濃厚な仕立てではなく、あっさりした昔の下町味。しかも、ワンタン麺=500円、ラーメン=400円というお手頃値段。「下町の心意気」がここにあります。

 

混んでいなければ、90歳近いいまも調理場に立つオーナーから、楽しい昔話も聞けますよ。

 

カテゴリー: スカイツリーを100倍楽しむ   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-