• -

「浅草寺」(せんそうじ)

はかりしれないご利益の観音さまのお寺の参道はグルメも満足

 

【歴史・由来】

 

雷門でも知られる浅草寺は年間約3000万人の参詣者が訪れるという都内最古のお寺です。
 

飛鳥時代、推古天皇36年(628)3月18日、浅草神社に祀られている檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)兄弟が江戸浦(隅田川)から観音像を引き上げ、郷司(ごうじ)土師中知(はじのなかとも)が供養したことが浅草寺の由来と伝えられています。
 

大化元年(645)に勝海上人(しょうかいしょうにん)が観音堂を建立し本尊を秘仏と定めてから、平安時代には多くの参拝者で賑わい将軍や有名な武将の信仰も集めたそうです。江戸時代に徳川家康公が幕府の祈願所と定めてからは江戸文化の中心として繁栄したそうです。

 

【ご利益「開運招福、商売繁盛、縁結び、家内安全、他」】

 

浅草寺の観音さまは霊験あらたかで古今無双といわれ、そのご利益ははかりしれないそうです。1400年近くにわたってたくさんの人々を救われ、開運招福、商売繁盛、縁結び、家内安全などあらゆるご利益があるとされています。巨大な本堂に一歩入るだけで強力なパワーを感じる人も多いでしょう。境内にはたくさんのお堂があり、自分のフィーリングに合う場所を探してみるのも良いでしょう。

 

【お守り「雷除け守り」「災難除守」「金鱗守」「蓮弁守」】

 

「雷除け守り」
7月の四万六千日のときだけ手に入るレアなお守り。

 

「災難除守」
雷除け守りのミニチュアが入っています。

 

「金鱗守」
金龍の鱗を模したお守り。

 

「蓮弁守」
中に観音様が入っている蓮の花弁の形をした病気平癒のお守り。

 

 

雷おこし、人形焼、手焼きせんべいなどの他、団子、ソフトクリーム、メロンパン等々、参道や近くにはおいしいものがたくさんあります。

 

【お祭り「本尊示現会」「白鷺の舞い」「宝の舞」「四万六千日」「金龍の舞」】

 

「本尊示現会」
(金龍の舞)3月18日

 

「白鷺の舞い」
4月第二日曜日、11月3日 

 

「宝の舞」
5月5日 

 

「四万六千日」
7月9、10日。この日お参りすれば4万6000日お参りしたのと同じとされる。

 

「金龍の舞」
10月18日
などの他にも多くの行事が催されます。

 

【基本情報】

  • お寺:金龍山浅草寺 聖観音宗(総本山)
  • 本尊:聖観世音菩薩(秘仏)
  • 公式サイトhttp://www.senso-ji.jp/
  • 所在地:〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3番1号
  • TEL:03-3842-0181(日祝除く午前10時~午後4時まで)
  • 料金
  • 開堂時間:午前6時~午後5時(10月~3月は午前6時30分開堂)
  • 最寄り駅:東武伊勢崎線:浅草駅より徒歩5分
         東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
         つくばエクスプレス:浅草駅より徒歩5分
         都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口より徒歩7分
  • スカイツリーから距離:2.02km 徒歩:25分
カテゴリー: 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-