• -

「東京スカイツリーの建築は予知されていた?」

新聞やテレビで何度も報じられていたミステリーです。筆者も何度見ても不思議としか言えません。
まずは1979年あたりに小学生たちが描いたといわれる「未来の墨田」という絵です。その絵の中には、まさにスカイツリーを思わせる塔が描かれています。墨田区WEBサイトの記事を参照してみましょう。
参考URL http://www.city.sumida.lg.jp/kuhou/backnum/090301/kuhou05.html

 

また、更に遡って1831年(2年)頃の歌川国芳作の「東都三ツ股の図」という浮世絵にも東京スカイツリーを思わせる塔が描かれていることで話題になりました。2011年2月頃にはテレビに、3月4日には毎日新聞に掲載されたそうです。両サイトがみつからないので哲学ニュースさんと精神世界の鉄人さんのサイトを参考にさせて頂きました。
参考URL http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3564743.html
     http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11139818436.html

 

「未来の墨田」の創作に関わった人たちは墨田区のサイトで紹介されているので、創作した人の中にスカイツリーのデザインに関わった人がいるのでは?という筆者の予想は当てはまりませんでした。

 

また、「東都三ツ股の図」では左側の塔は現存した火の見櫓(ひのみやぐら)とされているそうですが、もう一方の高い塔は当時存在しなかったものらしく、学者の調査によると場所も東京スカイツリーの位置とほぼ一致しているとか。

 

スカイツリーをデザインした人たちが意識して建築したとしても、浮世絵を描いた歌川国芳の想像力には驚かされますね。これはまさに本物の七不思議といえそうです。

カテゴリー: 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-