• -

」(かめいどてんじんしゃ)

鷽(うそ鳥)が悪いことをウソにしてくれる神社

 

【歴史・由来】

 

太宰府天満宮の神官、菅原大鳥居信祐公が神のお告げを受けて飛び梅の枝で刻んだ天神像を携えて、天神信仰を広めるため諸国を巡り歩きこの地に至り、地元に古くからあった小さな祠に神像を祀ったそうです。徳川幕府四代将軍家綱公は、本所の町を大火の復興のための土地と定め、鎮守の神様として土地を寄進して現在の場所に天神様を祀ったそうです。その後寛文二年(1662年)10月25日、地形や社殿など境内のすべてを九州太宰府天満宮に似せて造営したのが社の起源と伝えられています。菅原道真公を祀り、下町の天神さまとして親しまれてきたそうです。古くは東の宰府として東宰府天満宮や亀戸宰府天満宮とも呼ばれていましたが、明治6年に亀戸神社となり、11年には現在の亀戸天神社と正式に定められました。

 

【ご利益「身体健康、学問成就、延命長寿」】

 

学問の神さまといわれる天満大神(菅原道真公)が祀られています。

 

【お守り】

 

「天神さまおみくじ」
おりがみのように折られて天神様の形をしたおみくじ。

 

「ふじみ守」
身体健全、延命長寿のお守り。

 

「鷽守り」「鷽の絵馬」
うそ替え神事にまつわるお守り。

 

「うそ鳥」
うそ替え神事の日にしか授与されない開運お守り。神職が一体一体手作りしているそうです。

 

【祭り「うそ替え神事」1月24、25日】

 

鷽(うそ)は悪いことを「嘘(うそ)」にして、良いことに替えてくれるといわれる鳥です。江戸時代には人々がうそ鳥を交換する風習があり、現在では前年のうそを納めて新しいうそ鳥と取替えるお祭になったとか。また鷽(うそ)の字が學(がく)の字に似ているため、学問の神様である天神様とつながりがあると考えられているようです。

 

【基本情報】

    神社:亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)
  • 公式サイトhttp://www.kameidotenjin.or.jp/
  • 御祭神:天満大神(菅原道真公)(てんまんおおかみ すがわらみちざねこう)
        天菩日命(あめのほひのみこと)
  • 所在地:〒136-0071 江東区亀戸3-6-1
  • TEL:03-3681-0010
  • 営業時間:自由
  • 最寄り駅:総武線亀戸駅下車 北口より徒歩15分
         総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅下車 北口より徒歩15分
         都バス亀戸天神前下車すぐ
  • スカイツリーから距離:1.94km 時間:24分
カテゴリー: 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト